formats

東芝より新エコキュート発売!『太陽光発電有効活用機能』搭載モデル

こんにちは。

冬本番、皆様いかがお過ごしでしょうか?

寒さと共に、風邪や腰痛、ノロウィルスなどがやってきています。

昨年は私もノロに近い胃腸炎になりまして、、とにかく、体を冷やすと人の免疫力は

低下するようなので、うがい手洗い厳守!と朝礼の度に声高に課長が言っています。

 

そんな中、ちょっと早いでしょうか、当社では13日に忘年会がありました、

ビンゴゲームではルイビトンの財布など、豪華商品がありました。

数社合同忘年会だっただけに、各社の社長からのビッグプレゼント!

まさに、当たった人は少し早いサンタからのプレゼントといった感じです!

 

おなじく、この12月東芝からもビッグプレゼントが!!

エコキュート製品に超未来型エコキュートが追加されました。

 

超未来型、というのは、2020年新築には太陽光発電の設置も標準化されているのではないか?!

という前提モデルとも言えます。

太陽光発電有効活用機能が搭載された最新モデルは、東芝だけです。

事前に翌日の天気を確認し、日の出までに沸き上げるという優れもの!

人より気が利くエコキュート!

 

クリスマス・正月と、親戚などが集まる事の多い年末、

給湯機への問い合わせも増えて参ります、ぜひ気になる方は

0120-054-405 までお気軽にお問合せください!

 



ランキングへのご協力よろしくお願いいたします_( )_

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設備・設備工事へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
住まいブログ

formats

やってきました、エコキュートの凍結時期【予防と対策】

こんばんわ。

お久しぶりの投稿になります。

雪も地域により大雪や雹が降ったりと、

寒さも本調子となってきました。

いよいよ、毎年恒例のエコキュートの凍結の問い合わせがやってきました。

毎年恒例。。という事は、毎年このブログにも凍結の対処方法を書き込んできました。

ので、またまたまたまたおさらいです。(panasonicさんから拝借↓)


まず、

凍結を未然に防ぐ為の対処

凍結箇所は基本的に、風呂配管/給水・給湯配管/貯湯ユニット(脚部カバー内)

ですので、この3箇所で水を循環させるか冷やさない事が重要です。


1. エコキュートを毛布などで覆ったり、足元の配管の辺りをビニールで覆い、冷気が直接当たらないようにする。

2. 湯船を循環口から10cm上まで貯めて置くとエコキュートが自動で湯を循環させて凍結を防ぎます。

3. 蛇口を少し開けておく

凍結した時は

1. 説明書を読む(すべて書いてあります)。

 

2. とにかく配管を温める!熱湯では破裂する事があるため、人肌程度の湯をかけます。

 



どちらも当店の正規施工です。

 

湯をかけられる場所ならいいのですが、エコキュートに向かう給水配管に保温対策がされていない工事だったりすると手に負えません。

 

エコキュートのように、製品を購入して設置するだけでも様々な対処を施す必要がありますので、

粗悪な部品や施工では後々故障が起こる事は必須です。

これから施工される方も、しっかりした断熱材の巻いてある配管を使用するか、

契約時などにも寒冷地区の方などは特に注意してください!



ランキングへのご協力よろしくお願いいたします_( )_

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設備・設備工事へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
住まいブログ

formats

長野県神城断層地震にて市民の方々の対応に賞賛!

こんにちは。まず、初めに、

 

先日、長野県で発生しました地震にて、

被災されました皆様へ心よりお見舞い申し上げます。

 

なかでも、震度6という強さで一人も死に至らなかったことに、

感謝と称賛を送りたいと思います。

 

メディアでも大きく取り上げられ、度々目にし感心していました。

長野県といえば、我々世代というか地域性?

中学では林間学校と呼んで白馬村によく行った記憶があり、

懐かしく思ったりもしました。

これまで設置された長野県のお客様、、

また、今現在検討されている長野県民のお客様もいらっしゃり、

やはり災害の度に、出社まで心配でやきもきし、その後現地に確認したりという事が

今年で最後であってほしいと思いました。

 

今回、死者が0に至った要因は、地域住民の結束力と、

対応の速さだったと聞きます。また、災害があった時、

動けない高齢者の方などを助ける分担もされていたそうです。

倒壊した家々からも数人の大人で声掛けをして瓦礫の隙間などに

柱を刺してテコの原理で浮かせて救出を続けたそうです。

 

阪神淡路大震災では、次々に火が上がった記憶がありますが、

今回の地震で火災が発生しなかった事も救出がスムーズに行った背景

ではないかと思います。あれから今日までの年月で熱が扱われる物に安全装置が

ついたなどの技術向上もさることながら、オール電化の躍進も、、

やはり私たちとしては誇りに感じたいと思います。

 

とはいえ、家をなくした方、怪我をされた方、避難を余儀なくされている方々が

一日も早く復興される事を心より願っています。

 



ランキングへのご協力よろしくお願いいたします_( )_

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設備・設備工事へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
住まいブログ

formats

ガス VS IHクッキングヒーター 火加減上手はどっち?

こんにちは。すっかり冷え込んできました。

食の秋到来です!!

今年はきのこが大量に採れたようで、スーパーでも低価格で売られているようです。

きのこといえば、、マツタケ!網焼きにして食べたいですね~

焼きナスもいい!あとは、秋刀魚とか・・・

 

料理をする方はお気づきでしょう。そう、グリルが多様される季節でもあります。

そんなグリルに使い勝手の良さをプラスしてこの秋発売されたのが、

パナソニックのIHクッキングヒーター

ラクッキングリル

 


そう、今の時代は網なんて使いません!

網でなくても両面まんべんなく焼け、掃除も皿のみ!皿をとり外せば、

フラットな内面でラクラクの掃除が可能です!

 

 

しかも、よくIHは鍋ふり出来ないからガスを選ぶ。。

という声を時々聞きますが、すばやい温度復帰でIHでも鍋ふりOKです!

網焼きはグリルで出来ますから、もうIHクッキングヒーターで出来ないものはありません!

 

それにしても、本当にガスなら火を自由に使用できるのか?

ガスも安全を重視した結果、最近ではそうでもないようです。

ガスを使用していたお客様に先日うかがった所、

 

Siセンサー がうっとうしい。。。と

まあ、お客様は網焼きなど直火料理がしたかったのに、そこに火があるのに、

IHと同じようにセンサーで切られてしまう。しかもそのセンサーをON・OFFできたら

よかったけど・・出来ないし。と。 それなら、IHのほうが火移りの心配もないし

安心だという事で、ご自身はガス、ご両親にIHクッキングヒーターをプレゼントされるという事でした。

 

IHクッキングヒーターにしようか、ガスにしようか、

迷っている方がいらっしゃいましたら、

当社のような専門店で詳細に利点を把握した上でのご決断をオススメします!

 

お問合せは、年中無休(夏期・冬季以外(汗))

0120-054-405 まで!

 



ランキングへのご協力よろしくお願いいたします_( )_

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設備・設備工事へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
住まいブログ

formats

ダイキンエコキュート4本脚で耐震力UP新商品登場!

こんにちは。だいぶ寒くなってきましたが、皆様風邪などひいていませんでしょうか?

なかなか、ばたばたと週一ブログが疎かに・・・

当社の引っ越し後の状況は、あまり変わっていません><

なかなか新しいオフィスに合うキャビネットが見つからず

=行き場所をなくしたカタログなどの書類がダンボールの中にそのまま。

片付けも並行しつつ、業務もしっかりとしていきたいものです。

  

古いカタログも荷物の原因に。。そう、オール電化では冬を前に、

続々と新商品が発売されています。

先日は、日立のウレタンクをご紹介しましたが、

  

今月は、年1のダイキン新商品シーズンです!

 

 

ほぼ全機種で新シリーズとなり、 

たっぷリッチパワフル給湯もほとんどの機種で標準装備となっています。

また、今まで日立の特権でもあった、

地下水・井戸水の対応もダイキンができるようになりました。

しかも、安心の地下水・井戸水利用保証という3年メーカー保証つき(水質検査量15000円税抜)

  

今回の商品の特長として外せないのが、

四本脚設計

カバーに隠れて見えにくいですが、従来のエコキュートは、3本脚だったんですが、

より耐震強度の高いものにとこちらもほぼ全機種で標準仕様となっています。

  

より快適な給湯、より快適なバスタイムは一日の疲れを癒すのに必須!

エコキュートのお湯が次の日の活力に!

是非、新機種など、オール電化のお問合せおまちしております!



ランキングへのご協力よろしくお願いいたします_( )_

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設備・設備工事へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
住まいブログ